【学会大会報告】日本コーチング学会 第29回大会

2018年3月21‐22日山梨学院大学にて開催された、日本コーチング学会第29回大会に参加しました。


今回の学会大会では棒高跳に関する演題が2題発表されました。

〇「国内学生棒高跳選手における助走時の疾走動態と疾走動作の特徴について-ポール走とスプリントの比較から-」(澤野ら)


〇「男子一流棒高跳競技者における競技的観点に関する研究」(米原、木越)


私(米原)は「男子一流棒高跳競技者における競技的観点に関する研究」というテーマで、口頭発表を行いました。  


《口頭発表概要》

 ・これまでの棒高跳に関する研究の現状 

・これからの研究に求められる学融的アプローチ 

・棒高跳における競技的観点を対象にした研究のための手続き


Boutaka Channel

「Boutaka Channel」は、全てのボウルター(棒高跳競技者)の『もっと高く跳びたい!』を叶えるために活動します!

0コメント

  • 1000 / 1000