Pole Vault Summit -PVS体験記-

アメリカで毎年1月になると「Pole Vault Summit(PVS)」が開催されます。

世界最大の棒高跳びイベント!

前回に引き続き、2015年1月に私が参加した時のことを紹介します。


①リノ上陸!

ネバダ州リノには『成田→ロス→ラスベガス→リノ』で向かいました。

ロスでは国際線から国内線に乗り換えるため、空港の中を端から端まで移動しなくてはいけません。

またロスは暑いです!ラスベガスはちょうど良いです。リノは寒いです・・・。

リノ空港に着くとPVSの掲示が出ています!

空港に来ているPVSスタッフにポールを預けて、ホテル「Nugget」に向かいましょう。

Nuggetへはシャトルバスが運行しています。


②受付

PVSの前日午後からNuggetのスペースで受付が始まります。

事前の情報を頼りに、受付を行います。

このカードがPVS中のパスの役割をします。

またPVS限定棒高跳スパイクやTシャツも販売中です!

人気の色は売り切れることも・・・。


③夜ごはん

ルームメイトや友だちとご飯に行きましょう!

ホテルの1階にもいくつかレストランがあります。

また少し歩くとファストフードショップやレストラン、セブンイレブンがあります。


【PVS1日目】

④開会式(9:00~)

Nuggetの大ホールで全参加者が集まる開会式が開催されます!

圧巻・・・。

PVS開催の趣旨や選手の紹介が行われます。


⑤グループ別セッション(10:00~)

私は「学生・オープン・マスターズ」グループのセッションを受講しました!


1.プレゼンテーション

Philipee D'Encausse

「Breaking a 20 year old World Record」

ラビレニのコーチをしているフィリップコーチが、ロンドンオリンピックから世界記録をクリアするまでの2年間の取り組みについて発表しました。

Scott Huffman

「Problems of Take-off? It's all about the approach」

ホフマンロールでおなじみのスコット=ホフマンが、助走を指導する際のポイントについて発表しました。

プレゼン後のロビーでは、発表者に質問のチャンスです!


2.アスリートとの意見交換会

アテネオリンピックチャンピオンのティム=マックがコーディネーターになり、オリンピックメダリスト5名が登壇。トレーニングのやり方やメニューの組み立て方、試合への挑み方などのトピックについて、参加者と共に意見交換を行いました。


3.コーチング実践

スタンドに参加しているコーチが座り、ピットで学生競技者がPVSコーチから指導を受けます。

実践の中で起こる実際の現象に対して、どのように指導するかを実演します。

また、スタンドからも質問が飛び交い、深く指導のポイントを掴んでいきます。

参加した2015年は「手や肩の使い方(Realignment)」をポイントにした実演でした。


4.Masters・Elite試合

アメリカ国内から選抜された選手(Masters)と、世界トップレベルの選手(Elite)が試合を行います。PVS参加者は、試合を”見て・感じて”学びます。

PVS2015には、ラビレニやサム=ケンドリックスが参加しており、非常に高いレベルの試合が行われました!!

試合終了後は、選手との交流会が始まります。


【PVS2日目】

8:00~20:00にかけて、15ピット同時にPVS参加者の試合が行われます。

10人1グループぐらいに参加者を分けて、試合を行っていました。

だいたい1グループ2時間程度で足合わせ含めて試合が終わり、次のグループの試合がまた開始するといった流れです。

ピットには前日の試合に参加したトップ選手やコーチがやって来て、参加者たちにアドバイスする場面も!

ポールは指定の場所に持っていくと、次の日空港までPVSスタッフが届けてくれます!


また、試合が終わった空きピットではこんな光景も!!

前日に試合を終えたラビレニがスウェット×スニーカーで跳んでいました・・・。

すげー。


これにてPVS終了!


ざーっとPVSの様子を紹介してきましたが、「行くのが一番!」です。

面白いです!

棒高跳もっと好きになります!


アメリカではPVSによって、競技者とコーチと研究者たちが1年に1度、意見交換をする場、連携する場を作っています。

まるで、参勤交代ですね!


Pole Vault Summitが始まった目的に「棒高跳王国アメリカ」としての”強さ”を取り戻すことがあります。

しっかりと初心者を教えるコーチまでもが正しい指導をできるように。全米中のコーチが各地の競技者に対して、十分な質の指導をするために。また、コーチと競技者がいつでも協力、連携できるように。


Pole Vault Summitに行って、日本棒高跳界もステップアップに向けて、今以上の連携と協力が必要だと感じて、もう3年が経ってしまいました!!

Boutaka Channel

「Boutaka Channel」は、全てのボウルター(棒高跳競技者)の『もっと高く跳びたい!』を叶えるために活動します!

0コメント

  • 1000 / 1000