【助走】1歩目を着く前に、跳躍の良し悪しは決まっている!

『Out of the Back』

--- "The Pole Vault -A Violent Ballet", p.32より



「Out of the back(助走の1歩目に向けて、体重を後方から前方に移動させる技術)」が、助走をいい姿勢で行えるかを決めます。

いい姿勢は、速く走ることが出来る姿勢で、お尻が上がり、まっすぐな姿勢を指します。

いい姿勢のことをあるコーチは「つま先を上げる、膝を上げる、お尻を上げる、ポールの先を上げる」と表現しました。

頭から肩、お尻までがまっすぐになっているかを確認しましょう。

いい姿勢が崩れている場合は、力みがあり、低い姿勢で、速く走れません。


さらに、姿勢が悪い場合は、その後の技術にも悪影響を及ぼし、ケガをも引き起こします。


身体とポールを一体にすることで、助走を難しく感じるかもしれませんが、楽に行えるようになります。リラックスして、背の高い姿勢、パワフルな助走により、アクティブな(止まらない)ポールドロップが可能になります。

このポールドロップは、Out of the backの時に、ポールの先を上げ、重さを感じないようにする所から関係しています。


Out of the backでは、ポールを70~80度の角度にして保持します。この時ほとんどの重さを上の手(右利きの選手の場合の右手)で感じています。


そして、上の腕はわずかに曲がり、太ももの近くで保持します。下の手(右利きの選手の場合の左手)は胸のあたりで保持します。

この時、ポールを非常に軽く感じることが出来、ポールが体の一部となっているように感じられるでしょう。


いつも同じようにOut of the backを行う方法としては、静止したところからスタートする方法があります。

ポールを70度に保持して、直立になり、1歩足を下げ、下げた足の方に体重を乗せます(rock back)。それから重心を前に移動させながら、助走を始めます(Out of the back)。

Rock back(後方に体重を乗せる)時の幅は、肩幅を目安にします。

この体重を後ろ足に乗せる場合に注意すべきことは、お尻を低くしないことです。


ポールの先端を高くしポールの重さを感じない状態でOut of the back、助走を開始できると、背を高くしたまま、力強い、バランスが取れた、リラックスした状態で、加速の走り(ピストンの動き)を行えます。



より詳細な内容、コーチバトラーによるイラスト付きの解説は、本書中にて!!


【"The Pole Vault -A Violent Ballet"】

Mondo Duplantisやアテネオリンピック金メダリストのTim Mack、Scott Huffmanなど、アメリカのトップ選手やコーチたちからのリクエストに応え、コーチButlerが4年の歳月をかけて完成させた究極の1冊!


既に初回国内販売分は売り切れ。購入をご希望の方は、以下ページよりご次回入荷に向け、予約をお願い致します。

Boutaka Channel

「Boutaka Channel」は、全てのボウルター(棒高跳競技者)の『もっと高く跳びたい!』を叶えるために活動します!

0コメント

  • 1000 / 1000