hiro

記事一覧(55)

呼吸について意識したことがありますか?

お久しぶりです。中京大学大学院の榎将太です。今回は呼吸についてです。棒高跳に呼吸は関係あるの?と多くの人が思うと思いますが、実は呼吸は競技力向上、また傷害予防に関連しています。ぜひ最後まで読んでください!!今回の記事では、先日中京大学にて行われた、阿部さゆりさん(Twitter:@sy_littlelily)の呼吸に関する講演の内容も参考にしています。そして呼吸の重要性については、先日オーストラリアに訪れた際に、現地のナショナルチームが練習に“ヨガ”を取り入れていたことにも関連しています。それを聞いて「あーなるほど、そこまで重要視しているのか」と思いました。皆様にも、呼吸の重要性を分かっていただきたいです。【ポイントは腹式呼吸!】呼吸は1日に約2万6千回していると言われています。もしもより良い呼吸があれば、どれだけ日常生活や競技に影響を与えるでしょうか?ヨガは、大きく呼吸をしながら、ゆっくりと体を動かしていきます。このヨガでの呼吸は、”腹式呼吸”です。一般的に呼吸には、胸式呼吸と腹式呼吸がありますが、腹式呼吸にはどのような効果があるのでしょうか?腹式呼吸を行うと、体幹を構成する腹壁筋群(おなか周りの筋;内外腹斜筋、腹横筋、横隔膜、骨盤底筋、多裂筋など)に刺激を与えることができます。特に腹腔を構成する筋の一つである横隔膜を動かす、下げて上げることができれば、腹腔内圧(体幹内部の気圧)を上昇させ、体幹を安定させるきっかけとなります。(横隔膜や体幹の話になると長くなってしまうので、詳しくはまたの機会に(笑))☑腹式呼吸を行うことで、お腹周りの筋を活性化させて、体幹が安定するきっかけになる。【体幹とパフォーマンスの関係】腹部だけが体幹ではありませんが、その1つである腹部を安定させることでより四肢(手足)を効率的に使うことができます。体幹の安定は動作中の姿勢のコントロール、四肢の筋力発揮や可動域に大きく貢献すると考えられます(1)。また、体幹の安定はパフォーマンスの向上だけでなく、傷害予防にも効果的です。以前紹介したjoint by joint theoryにおいても、腰部は安定性を求められていますね!!さらに先行研究では、体幹部の安定性が欠如している被験者において、より腰痛が発生していることが報告されています(2-5)。そして、他の研究では、ヨガの呼吸トレーニングを行うことによって慢性腰痛や非特異的な腰痛が軽減することが報告されています(6)。☑つまり、オーストラリアのナショナルチームは、アクティブレストと体幹安定性の獲得(呼吸を整えること)を目的にヨガを行っていることが考えられます。【呼吸に注目したトレーニング】呼吸のトレーニングの1つの例として、”風船”を使ったものがあります。中京大のtwitterでもやっている画像が掲載されています。

中間マークが良い助走へのカギ?